修理の見積もりをする時に気をつけたいこと

修理の見積もりをする時に気をつけたいこと

自動車の修理を工場に出す時、工場から見積もりを作ってもらうということもあります。ただ修理を見積もりする時、正確な数字を出すことが難しいことがあるという難点があります。
特に車の内部の修復をする場合は、はっきりした値段を提示できないこともあります。見積もりを作る時はまだ修理の依頼を受けた段階ではないですから、この状態で車をばらして確認するわけにはいきません。従って見た目から判断して想像するしか手段がないので、値段がはっきりつけられないこともあるのです。
ただ、修理をするスタッフもプロですし、経験もあります。それに基づいた視点をしっかり持っていますから、極端に最初の見積もりから値段が変わるということはないと考えていいでしょう。
車の修理の見積もりは、一般的には工賃から計算するというやり方が主になっています。工場では、あらかじめ1時間あたりの工賃を決めています。そこから、修理に必要な時間を考えて、見積もり額を出していきます。
気になる工賃は、工場によって異なります。ただ1時間あたり7000~8000円という設定をしているところが多いようです。
工賃は技術料であり、人件費でもありますから、これと決まった値段はありません。ただ、1時間あたりの工賃は、決まった以上の額を請求することもできないようになっています。ですから、とんでもなく大きな額にはねあがることもないでしょう。
そして気をつけたい事としては、値段だけで判断するのは避けた方がいいということです。技術が伴ってない安い値段の工賃で修理をしては、後悔を招くだけになってしまいます。