純正パーツを修理に使う場合

純正パーツを修理に使う場合

自動車を修理する時に、結局部品を交換しなければならなくなったとします。この場合には、どの部品を選ぶかが大切な場合があります。
自動車を修理する費用は極力安くしたいという人も多いでしょう。こういった時には、メーカーが作っている純正のパーツにこだわらないようにすることが必要になる場合もあります。
メーカーの純正パーツは、最初からメーカーが定価を決めてしまっています。従って値段を交渉する余地がなく、工場がもらえる利益も生むことが難しいのです。相場で見ると、メーカーの純正パーツを工場が仕入れたとしても、多くて1割程度しか利益にならないのです。
ですから、自動車の修理を依頼した時、値引きの交渉をしてもほとんど効果がないのです。従って値段を安く抑えたい場合は、部品のメーカーにこだわらない方がいいのです。
それでも自動車修理工場が値引きに応じる場合は、大体は技術的費用を値引きするパターンです。人件費を抑えることによって代金を低くするようにするのです。
純正パーツを使った場合、先に話した通り、最初の提示額でも利益をあまり出せません。従って値引きをすると、仕事を請け負った結果赤字を出してしまうということも考えられるのです。
毎回無理な値引き交渉を繰り返していくと、それによって工場がその客に対して悪い印象を持つこともあり得ます。ですから長く自動車修理工場とつきあっていきたいと考えたら、無理な要求は控えた方がいいでしょう。