車の修理に保険を使うか

車の修理に保険を使うか

仮に車を運転していて、事故を起こしてしまったとします。任意保険に入っていた場合には、その保険金で自動車を修理することはできます。しかし、保険金がおりるからといって簡単にその保険金を使うのかどうかは、その車の壊れ具合をみて決めるようにするといいでしょう。
確かに車を壊してしまったら、修理の時に保険金は使えます。ただ、その保険を使って保険金を受け取ってしまうと、今の自動車保険の等級が下がることになります。
その後の自動車保険の条件が悪くなってしまい、保険料が上がってしまいます。結果的に家計への負担が大きくなってしまうこともあり得ます。
ですから、修理をしなければならない場所が部分的なら、修理にかかる費用は全て自己負担をするといいでしょう。自己負担にすれば、保険に傷をつける必要がなくなります。
判断に悩む場合は、自動車修理工場のスタッフと話し合うという手もあります。修理にかかる費用は一元的に決まっているわけではありません。車の修理にかかる費用の多くは人件費ですから、これといった料金設定は難しいのです。
逆から言えば、交渉次第で値段を下げることもできます。保険を適用せずに直せるようであれば、できる限り保険を使わずに直すといいでしょう。
ところで最近は渋滞情報を確認すると、事故による渋滞をよく見ます。自分では十分気をつけていても、周りの運転手の注意が足らず、ミスによって事故が起きてしまい、その事故をもらってしまうこともあるのです。保険の適用は大きな事故の時に限るようにするといいでしょう。