バイクの査定前にすべきこと

バイクの査定前にすべきこと

バイクの買い取りを検討しているのでしたら、一番に買い取りを行っている業者に電話するのではなく、確認しておかなくてはいけない事項があります。
単純にバイクを売却したいことを伝えたとしても、様々なことを尋ねられるため、その場であわてないように以後に挙げる事項をチェックしておきましょう。
事前に確認しておくべきことは、バイクの名称やメーカー、ボディの色、走行距離などが挙げられます。
それからバイクの年式、次の車検までの残り期間、排気量を尋ねられるケースもありますので、これらのことをメモに記してから電話をするほうが無駄なく話をすることができるでしょう。
バイクの状態もはっきりしないままで問い合わせをしても、業者の担当者はどういったものを参考におおよその買い取り価格を言えば良いのかで戸惑ってしまいます。
中でも走行距離は買い取り査定額に最も響く事項になりますので、概ねの数字ではなく、ちゃんと確かめて距離数を出しておきましょう。
そして、先にチェックしておいた相場を参考に、どれくらいの金額を提示されたらOKを出すのか決めておいたほうがいいでしょう。
様々な業者の査定を受け、その後査定結果を見て業者を選ぶというやり方もありますが、一部の業者では「ここで買い取りを決定してもらえれば買い取り価格に○万円追加します」という条件を提示してくるところもあります。
こういう状況で提示を受けた値段が相場以上で自分自身が納得できるのであれば、そこで決めてしまってもいいでしょう。
バイクの買い取りに関して査定時間は10分ほどなので、時間を確保しにくいという人でもバイクの買い取りをお願いすることはできるでしょう。